最近話題のVALUって何?肯定派、慎重派の意見を比較してみた

こんにちは!つぼ焼き芋専門店まるやのなかじまです。

5/31にベータ版がリリースされたVALU。

イケダハヤト氏をはじめ多くのインフルエンサー(ツイッターで影響力の大きい人達の意)が煽りまくっているので、話題になっていますね。

VALU?ビットコイン?仮想通貨って何!?

全く知識のなかった私ですが、とても気になったので調べてみました。

VALUとは

スポンサーリンク

 個人が株式会社のように「自分の価値」を発行・交換できる新サービス「VALU」(バリュー)を、ベンチャー企業のVALUがこのほどスタートした。夢や目標のある個人が模擬株式「VALU」を発行。仮想通貨で購入してもらう形で支援を受け、「時価総額」を高めたり、優待など見返りを届けられる。決済にはビットコインやブロックチェーン技術を活用した。

VALUはビットコインで購入でき、各個人のVALUの価値は、取引によって株式市場のように上下する。VALU発行者は購入者へのお礼として、限定イベントに招待したり、メールマガジンなどの「優待」を届けることも可能だ。

ビットコインを採用したのは、「インターネットに繋がる環境であれば、世界中の誰もが平等に使うことができる、世界で初めて国が管理していない通貨」であるためという。

同社は「成し遂げたい何かを持っている人は気軽に支援者を探すことができ、支援者は原石に投資でき、成長すれば応分の見返りを得られる新しいフィンテックサービス」としている。

引用:自分の価値”を株式のように交換する「VALU」 「夢を支援するフィンテックサービス」

要は、クラウドファンディングの個人バージョンという感じ。

クラウドファンディングではどんなプロジェクトをやるのかに重きがおかれるのに対し、VALUは人物単体が重要なんですね。

ちなみに金銭的なリターンはありません。株主優待がありますが、人生相談のりますとかブログコンサルしますとかそういう系が多いみたい。それに数万円~数十万払えるかと言ったら、厳しいなぁ。

株式会社単位ではなく、個人単位で取引ができるのが画期的なようです。専門家をつけて法的にはクリアしているんだとか。

ビットコインとは

「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

ビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

引用:bitFlye ビットコインとは?

ベネゼエラなど自国通貨の価値が低い国ではビットコインのほうが信用されているそうです。紛争や戦争で自国通貨が下がってしまった国もしかり。

ビットコインの構想が生まれたのが2008年。取引所ができたのが2010年らしいので、10年かからずここまできたか。ビットコインすごいなー!

まとめると、VALUとは仮想通貨(ビットコイン)で個人に投資できる仕組みのこと。

ビットコインを手に入れてから、VALUで売買をするというステップです。

ビットコインの口座をつくれる取引所はいくつかありますが、コインチェックビットフライヤーあたりが有名どころ。私もコインチェックでとりあえず口座だけ作ってみました。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

肯定派の意見


ちなみにイケダハヤト氏は3日で1000万調達した模様

賛成派は、VALUの仕組みやコンセプトそのものが面白いと感じている人が多い印象。

慎重派の意見

これはなんか判るかも。ツルハシっていうのは、有料オンラインサロンだったり、コンサルだったりVALUに付随したビジネスのことを指すのでしょう。

そしてこんな記事も

引用:29歳コンサルタント女子が異世界から思うこと

このブログではVALUは「一般人に何にも利益がない」「インフルエンサーによるインフルエンサーのためのサービス」だと気持ちいいくらい言い切ってますね。確かに現行サービスだと一般人が得をするイメージが湧いてきづらいです。

 

この記事も気になりました。

ビットコインをVAに変えるとか俺はよくわかんねぇけど、お金みたいなもんあげて、貰えば貰うほどその人の価値があがってどんどんお金が集まる。貰った人だけ得して、あげた人は何も最終的には貰えない、でも投資だって言ってる。ってこれって詐欺じゃねぇの?
上記ブログより引用

慎重派は、購入者に対してリターンがないに等しいところをついている印象。

おまけ:さっそくボロ負けした人もいる

【拡散希望】山田進太郎さんに届け!最近流行りのVALUでボロ負けした件

有名な人が出たらいち早く購入すれば先行者利益を得られるという単純な手法を考えつき、「そんなの楽勝じゃん!」ということであまり物事を深く考えない僕は完全に術中にハマっていたのでした。
引用:上記ブログ内 徒然なるままに・・・

私も同じこと考えたんですが、どうやらそんな単純な話では無いらしい。

イケダハヤト氏もこうつぶやいていますしね。

最後に

賛否両論ですね。それだけ注目度が高いということでしょう。というか、上場する側のインフルエンサーとその他の一般人との温度差がすごい。

情報が錯綜気味な感じはありますが、個人的見解をまとめると

  • 夢ややりたいことがある人を応援できるという仕組みが素敵!
  • ビットコインは少額でなら持ってみたい!
  • よっっぽど応援したい人がいれば買ってみるかも(可能性は低い)
  • でも、誰かの株を買うより、自分が上場するのが面白そう!
  • サービス自体の廃止も十分可能性あると理解するのが大事

 

賛成派、慎重派どっちの意見もわかる部分あるけど、私はどっちかというと賛成派

「夢ややりたいことがある人を応援する」VALUのコンセプトそのままで長期的に成長していってほしいです!

今回は以上ですー!それではまた!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

なかじまありさ

体の不調をきっかけに健康と美容に興味を持つようになる。便秘・肩こり・外反母趾をなおすために情報を収集し、ブログで発信している。お灸や鍼、薬草手当、ヨガなど東洋医学系のものが好き。