農業女子の日焼け対策!!完全防備せよ!


こんにちは!焼き芋農家のありさです。

農家という職業柄、外での作業が多いのでどうしても紫外線を浴びる量が人より多いです。

ですが、周りからは「意外と焼けてないね」と言われることもよくあり。

そりゃそうですよ!だって全力で焼けないようにしてるんだもん!!

焼けやすいし地黒だし、ほっとくと松崎しげると化します。(これまじで言いすぎじゃない)

農業女子、完全装備、あたりまえ!!

今回は私が実際にやっている対策方法を教えます。

農業女子が教える日焼け対策

第5位 日焼け止め

重要度:☆☆60%
第5位に日焼け止め、意外だと思いませんか?こと農業において、日焼け止めはあまり効果を持ちません。

どうしてかというと、日焼け止めの効果を持続させたいなら定期的な塗り直しが必須になってくるからです。(メーカーにもよるけど3時間に1回くらい)

1日に何回も塗るの、超めんどくさいです。もちろん汗をかいて落ちてしまうので、もっとこまめに塗るのが推奨されるでしょう。なおさらめんどくさい!!

日焼け止めは気休めくらいに思っておきましょう。(それでも毎日塗るよ!朝だけね)

愛用の日焼け止め
ママバターUVケアクリーム
オールシーズン下地に使っています。原料にこだわってるとこがお気に入り。

不使用成分 シリコン、紫外線吸収剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、パラベン

 

第4位 長袖を着用する

重要度:☆☆☆70%

みなさんは、靴下や半袖の跡でくっきりに日焼けしてしまった経験はないでしょうか?

ここ注目したいのは、特にUV加工された服でもないのに、布一枚隔てだだけでこんなにも差が出るということ。

大事なのは日焼け止めを塗るより物理的に紫外線をカットする。この考え方が基本です。

補足
ちなみに長袖は10分丈だと作業がしづらいです。5分丈~7分丈が作業性もあっておすすめです。

スポーツ店などに行くとちょうどいいのが見つけやすいです。 

スポンサーリンク

第3位 麦わら帽子最強説

重要度:☆☆☆85%

帽子はマストアイテム。なかでも、麦わら帽子は最強。

UVカット率と通気性、軽量性が抜群。昔から愛用されてるのよく分かります。

できるだけ、つばの広いものを選んでください。そして紐付き必須。紐がなければ風に吹かれて飛んでいきます。

紐は取り外し出来るタイプにしましょう。洗濯できるので清潔です。

(条件にあう可愛い帽子が見つからないので自分でデザインしてみたい)

第2位 腕カバーと手袋

重要度:☆☆☆☆90%

第5位で長袖を着用するという対策を紹介しましたが、長袖着用しても腕カバーは必須です。

なぜなら、7分丈でも作業してると無意識に腕まくりしちゃうから。そのちょっとした時間で気がつくと焼けてしまうのです。油断大敵。

すぐに汚れるので100均で十分です。5つくらい購入してツーシーズン(春から夏)使い倒します。長さは一番長いもの(肘を超える)にしましょう。

腕カバーと手袋で全部隠せば完璧です。

愛用手袋
ホラズイラの手袋
フィット感よくて作業しやすい!土も入ってきにくいのが気に入ってます。

 

第1位 ヤケーヌで顔周り対策

重要度:☆☆☆☆☆100%

これが一番大事です!!超愛用してます。農業女子の中で鉄板アイテム!

5枚くらい持ってます。

小林製薬みたいなネーミングもすき。

ヤケーヌの好きなところ

  • 首の周りまで完全カバー。マスクみたいに耳に引っ掛けて、後ろはマジックテープで止めます。
  • UVカット率96%(UPF50+)洗濯しても持続
  • 着用したままで飲食が可能!つけたまま水分補給できるの楽ちん。意外とこれ結構重要
  • カラー、柄のバラエティが豊富!ただ黒は暑そうなので買ったことありません。

作業以外にも車の運転の時にも愛用してます。

おすすめの使い方

真夏にヤケーヌは暑いんじゃないの?とよく訊かれますが、首周りを水に濡らして使ってるので、むしろ快適です。この使い方はおすすめです。

ちょっと見づらいですが、左のポニーテールが私です。

なお、耳カバー付きもある

 

 


スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

なかじまありさ

体の不調をきっかけに健康と美容に興味を持つようになる。便秘・肩こり・外反母趾をなおすために情報を収集し、ブログで発信している。お灸や鍼、薬草手当、ヨガなど東洋医学系のものが好き。