【除霊体験の実話】除霊に立ち会ったので一部始終を紹介するよ

The following two tabs change content below.

なかじまありさ

89年生まれ、2016年東京から奈良に移住。脱サラして農家&焼き芋屋やってます。2017年5月ブログをはじめました。育乳チャレンジ中!

こんにちは!焼き芋農家のなかじまありさ(@maruya_Arisa)です。

除霊に立ち会うというなかなかにレアな体験談をしたので記事にしてみました。

怖いのが苦手な人も読める内容になってます!

ほんとにあった!除霊体験談

これは住み込みで農業を勉強していた時におこった出来事(2014年11月)です。

(当時の記憶とTwitterのつぶやきから書き起こしました)

当時、畑の社員・研修生の計4人で一軒家のシェアハウスに住んでいました。

農場の敷地内に埋まっている浄化槽(生活排水を下水に流すための処理装置)の調子が悪いということで工事をすることになりました。

水回りの工事をする際はお祓いをするのが一般的らしく、知り合いのつてでお祓いをしてもらうことに。

浄化槽の周りには竹が生い茂っていて、暗く「気が悪い」場所だったのでちょうどいいねーなどと話していました。

私は霊感がまったくないので「気が悪い」という感覚もわからないのですが

お祓いにきた除霊師さんの1言で除霊をすることに

除霊師さんは見た目はいたって普通のおばさんでした。

彼女の言うとおりに酒と塩と生米を用意し、除霊師さんがそれを持ってお経的なものを唱えながら一周して、お祓いは終了しました。

お祓い自体は5分くらいで終わったでしょうか。

お祓いが済み、除霊師さんが言いました。

除霊師さん
結構強いわね、たくさんいる…土地の神ではないけど、なんだろう?原因を探ってみましょうか
除霊師さん
誰か体、貸してくれる?

なんと霊を下ろして原因を探ってみようと言うのです。テレビでよく見るやつです。まじですか。

私は、ああいうのってどうせヤラセでしょ?と思っていたくちです(でも怖くなるから絶対見ない)

除霊ってほんとにあるの!?できるの!?120%興味本位で見学することしました。

その時立ち会わせたメンバーは5人。その中で、感性が豊かだからやりやすそう?という理由で、バイオリン青年のほりくんが「霊に体を貸す役」としてで選出されました。

なかじま
この役、私は絶対に嫌だ。。

まじで除霊がスタートした

ほりくんと除霊師さんが対面になり、私達が周りを囲む形で除霊がはじまりました。

除霊師さん
いい?リラックスして目を閉じて。最初は、はいかいいえで答えられる質問をしていきますね

慣れてきたら、段々と答えられるような質問をするから、体が勝手に動くかもしれないけどその時は身をまかせてください

除霊師さんが霊に呼びかけます。

除霊師さん
ほりくんの中の人出てきてください

続けて、あなたは男性ですか?と尋ねました。

そうするとゆっくりですが、ほりくんの首が縦に数回動いたのです。

(ええええ!!)

その後も質問は続きます。

除霊師さん
病気で亡くなったの?年齢は20代?なぜここにいるのですか?

最初は首が動くだでけしたが、次第にぽつりぽつりと言葉も出てきました。「病気でなくなった」とか「歳は何歳だ」とか

テレビでみたことある光景が現実に自分の目の前で起こっている!すごい体験だなと今でも思います。

でも、何人か降ろしてみてもなぜか原因の人がなかなか出てこないんです。

それもそのはずな、ほりくん自身に数百体もの数の霊が憑いていたからです。

ほりくんに憑きすぎていて目的の人が出てこれないというおかしな事態に!

小話

途中で、どうしてほりくんに憑いているの?と除霊師さんがある霊にたずねると、突然ほりくんが「まじかー!」と言って笑い始めました。

ほりくんは意識はちゃんとあって、霊が言いたいことが先に伝わっているみたいでした。

あらためてたずねると、ほりくんに憑いた理由は「面白そうだから」とのこと。

そんな理由で霊って憑くのか!

恨んでいるとか呪いたいとかじゃないんだ。。

ほりくんの除霊がスタートする

ただ、ほりくんに憑いている人たちは数百人といますから、一人ひとりやってるとらちが明きません。笑

こういう時は憑いている人の中で力があってリーダー的な存在に出てきてもらって、他の人たちを一緒に成仏させてくれるように頼むそうなんです。

(除霊にそんなライフハックがあるのか…!)

リーダー格の人を呼び出してみると、切腹で亡くなられたというお殿様がでてきました。無念の思いが強くこの世にとどまっているそうです。

ちなみに、その殿様がほりくんに降りている間は、話し方や座り方などしぐさがまさに殿様でした。

背筋はピンとしていて握りしめた手を太ももに置いて座っていて、とても堂々としています。殿様感でてる!

その殿様は家臣達からとても慕われていました。なんと、彼が成仏しないがゆえに、家臣達も一緒にこの世に残ってました。人徳がすごい!

(つまり、ほりくんに全員憑いていたということね。って、何百人も憑いてるってこの人達ののことかい!!

除霊師さん
あなたが残っているから、家臣達も成仏できない。一緒に成仏して次の人生はもっと幸せになろうね。あなたから先に行く?どうする?

と聞くと

殿
みなを、皆を先に頼む

(この喋り方も殿様っぽい!)

どうやら家臣達を見送りたかったようです。かっこいい。

家臣達もその想いを受け、涙を流しながら成仏していきました。彼は最後まで立派なお殿様でした。

不思議と怖さはなく感動的な救霊の光景でした。

ちなみに、この時ほりくんには殿や家来たちが映像で見えていたそうで、ほりくんいわく、殿はめっちゃイケメンらしい。

そのお殿様が成仏する時、除霊師さんは

除霊師さん
お願いがあるの。彼の中にいる人を集めてくれない?

と殿様に依頼をしました。

殿様の手助けもあり、一気に彼に集まった霊を成仏させていったのです。

除霊パワーすごい!!

結局農場にいついた霊の正体は何だったのか?

ほりくんの除霊が終わり、ようやく本筋に戻ります。

結論から言うと、場に集まっていた悪い気の正体は、戦国時代の奴隷たちでした。

「すけどん」という名前の人が出てきて、話してくれました。

(時代を感じる名前!おそらくニックネーム)

「すけどん」いわく、城の建設のために自分たち奴隷が集められたけど、財政が悪くなり城の建設が中止になってしまった。奴隷の存在がバレるとまずいので処刑されてしまったそうです。

彼らは無念さからこの世にとどまっていて、なぜか農場の隅にいついてしまったようです。

除霊師さん
今まで辛かったね。私が助けてあげる。成仏したら美味しいものもたくさん食べれるよ。

と伝え、もめることなくあっさり成仏していきました。

ほりくんいわく(ほりくんには映像が見えている)すけどん、めっちゃ良い体してるしめっちゃいい人そう!とのこと。まぁ名前からしていい人そうだよね。

幸い今回出てきた人たちはいい人ばかりでした。

テレビで見るような、体をのっとって怖い言葉をはくような人はいなかったので、終始そんなに怖い感じもなく無事に除霊は終了したのでした。

まとめ

憑かれやすい人の特徴は、ついボーっとしてしまう、流されやすいスキのある人なんだそうです。自分をしっかり保ち焦点をあわせて物事を見ることが大事だと除霊師さんは言っていました。

みなさんもどうぞお気をつけください。

ちなみに、この除霊以降ほりくんの謎の首の痛みは解消されたそうです。

以上、私が体験した不思議な話でした。

ちょっと長くなりましたが、最後までお読みいただいた方ありがとうございました。

面白いと感じたら何かしらシェアしてもらえたら嬉しいです!

それではまたー!

トップページに戻る

まるやぶろぐ 人気記事はこちら

▶ 【補正下着体験】ブラデリスニューヨーク大丸梅田店

▶ おすすめナイトブラ4選。特に私がときめいたナイトブラを紹介します!(随時更新)

【結婚式何着ていこう?】量産型アラサー女子にならない為にしたいこと